liar(ライアー)ドラマキャスト・登場人物相関図、あらすじ紹介!

スポンサーリンク

2022年の冬ドラマ【liar】がドラマイズム枠で2月15日(火曜日)深夜に放送
佐藤大樹さん×見上愛さんのダブル主演で人気小説&漫画を実写ドラマ化!

ドラマ「liar」についてキャストや登場人物、相関図、あらすじなどを紹介します。

原作が超話題作の実写化ドラマ「liar」はキャストがハマって高評価となるのでしょうか?!

created by Rinker
双葉社
¥660 (2022/08/16 09:34:12時点 Amazon調べ-詳細)

liar
キャスト 佐藤大樹、見上愛、川島海荷、太田基裕、高田里穂、佐藤友祐、山谷花純、濱正悟、蒼野孝介、古川雄輝、升毅
監督 熊坂出
原作 原作・原案 もぁらす
作画  袴田十莉
脚本 内平未央、大谷洋介、下亜友美
制作プロダクション スタジオブルー
製作 「liar」製作委員会
公式HP:https://www.mbs.jp/liar/
公式ツイッター:https://twitter.com/liar_drama
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/liar_drama/
スポンサーリンク

ドラマ【liar】キャスト・登場人物相関図

liar相関図

画像引用:https://www.mbs.jp/liar/chart.shtml

佐藤大樹 (役:市川一哉)

東洋商社営業6課勤務のエリートサラリーマン、通称「イチ」24歳。
業績は常にトップクラス。
「女なんか、のめりこまない」が信条。
結婚を前提に付き合っている彼女がいる。

見上愛 (役:成田美紗緒)


東洋商社営業6課に配属された新入社員、23歳。
市川のことは第一印象「最悪」で、振り回される。
仕事の覚えが早い。

川島海荷 (役:田所裕子)

沢田物産グループ会社の会長令嬢。
市川と結婚を前提にしたお付き合いをしている。
恋愛依存症。
したたかな面がある。

太田基裕 (役:上条譲)

東洋商社営業6課勤務。
営業成績No,1の優秀な営業マンで「デキる男」である。
部下からの憧れの的となっている。

 

高田里穂 (役:文里薫)

東洋商社人事部勤務。
市川の大学時代の先輩である。
学生時代の市川にトラウマを与えた人物。

佐藤友祐 (役:国見宗一)

東洋商社の新規開発事業部勤務。
ノリが良い。
ムードメーカー的な存在である。

山谷花純 (役:松永裕美)

東洋商社営業1課勤務。
恋人のいる市川の「二番目」に立候補して急接近するが何か裏があるようで・・・。

濱正悟 (役:大柳弥)

東洋商社営業3課勤務。
市川とは同期。
入社してきた美沙緒が好みのタイプで、何かと絡んでくる。

蒼野孝介 (役:仁科剛)

東洋商社営業2課勤務。
新入社員の美沙緒が気になって、市川を通じて連絡先交換を試みる。

古川雄輝 (役:出野司)

東洋商社営業6課課長。
部下からの信頼が厚い。
新人の美沙緒の仕事ぶりを高く評価している。

升毅 (役:市川雅哉 )

沢田物産の取締役で市川一哉の父親。
会長令嬢であるが部下でもある田所裕子と息子の結婚を望んでいる。
美沙緒のことが疎ましく、遠ざけようとする。

ドラマ「liar(ライアー)」のあらすじ

新社会人の成田美紗緒は同じ部署の先輩となった不愛想な市川のことが大嫌い。
それが、ふとしたことから始まったメールのやり取りをするうちに少しずつ気になり出して・・。

一方市川の方も、新人ながらに仕事の覚えが早い美沙緒に惹かれていく。

やがて2人は関係を持つように。

しかし市川には結婚を前提に交際している女性がいた。
市川の父親は二人の結婚を望んでいて、後から現れた美沙緒のことを邪魔に感じる。

自分が市川にとって浮気相手だと知りつつも禁断の恋を続けてしまう美沙緒。
身体は繋がっていても心が繋がらない2人のすれ違いの関係はハラハラドキドキの連続。

 

原作コミックと同じく実写化ドラマでもそれぞれ女性目線・男性目線と目線が入れ替わりながらストーリーが進んでいきます。

ラストに待っているのはハッピーエンドなのかバッドエンドなのでしょうか。

ドラマ「liar(ライアー)」主題歌

liarのオープニング曲はtricotの新曲「エンドロールに間に合うように」

 

エンディング曲はFANTASTICSの新曲「Turn to You」

ドラマ「liar」キャストやあらすじまとめ

ドラマ【liar】は、MBS/TBSドラマイズム枠にて放送開始!

MBS : 2022年2月15日スタート 毎週火曜 深夜0:59~ ※初回のみ深夜1:09~
TBS : 2022年2月15日スタート 毎週火曜 深夜0:58~

ダブル主演で男性目線、女性目線が入れ替わって進行していくストーリ―展開は新鮮で引き込まれてしまうのではないでしょうか。


liar[コミック]

 


liar

コメント

タイトルとURLをコピーしました