ドラマ「しょうもない僕らの恋愛論」キャスト・登場人物相関図、あらすじ紹介!

スポンサーリンク

2023年1月19日(木)夜11時59分スタート木曜ドラマ「しょうもない僕らの恋愛論」。

原作漫画の実写化ドラマで主役は眞島秀和さん。
未来への扉を開くきっかけになるような切なくて優しくなれるドラマです。


ドラマ「しょうもない僕らの恋愛論」
についてキャストや登場人物、相関図、あらすじなどを紹介していきます。

created by Rinker
¥693 (2023/01/28 11:47:09時点 Amazon調べ-詳細)

しょうもない僕らの恋愛論
キャスト 眞島秀和、矢田亜希子、中田青渚、木全翔也、橋本じゅん、嶋田久作、杉本哲太、手塚理美
原作 原秀則『しょうもない僕らの恋愛論』( 小学館ビッグコミックス)
脚本 いとう菜のは、今西祐子
主題歌 JO1『We Good』(LAPONE ENTERTAINMENT)
監督 近藤啓介、松本花奈、本田隆一
チーフプロデューサー 沼田賢治
プロデューサー 山本晃久、大沼知朗(吉本興業)、古賀俊輔(ザフール)、長坂淳子(ザフール)
制作協力 吉本興業
制作プロダクション ザフール
制作著作 読売テレビ
公式サイト:https://www.ytv.co.jp/renairon/
公式Twitter:https://twitter.com/renairon_ytv/
公式Instagram:https://www.instagram.com/renairon_ytv/
スポンサーリンク

ドラマ「しょうもない僕らの恋愛論」キャスト・登場人物相関図

しょうもない僕らの恋愛論相関図

画像引用:https://www.ytv.co.jp/renairon/chart/

眞島 秀和 (役:筒見拓郎)

41歳、独身、恋人なし、職業デザイナー。
「JIRO」勤続20年の書籍デザイナー。

後輩の面倒を任されることが多くなってデザイナーとしての価値がないのかと自信を無くしかけつつある。
仕事にも人生にも不安を抱えている。

大学時代に愛した人の娘・くるみと出会い、やり残した過去への思いと対峙していく。

 

矢田 亜希子 (役:森田絵里)

拓郎の高校の同級生で20年以上ずっと片想い中。
拓郎とはかなり親しくしているにもかかわらず告白できない。
友達関係のままでいいんじゃないかと諦め半分でいる。

バリキャリで大手家電メーカーの美容機器部門の課長。
くるみの出現によって拓郎への想いと向き合うことに。

 

中田 青渚 (役:谷村くるみ)

高校2年生。
拓郎の初恋の人(安奈)の娘。
可愛い見た目に反して押しが強く、勝気で、自立心も強い性格の持ち主。
悠とは幼なじみで高校も同じで親しくしている。

子どもの時に両親が離婚、母親に育てられた。
やりたいこともない日々を過ごしていたが、母が「ずっと好きだった人」である筒見拓郎と出会い人生が動き始める。

 

木全 翔也<JO1> (役:小椋悠)

くるみとは幼なじみで、高校の同級生で片思いしている。
成績優秀なしっかり者。
くるみにいつも振り回されている。

 

古舘 佑太郎 (役:堀江俊彦)

 

この投稿をInstagramで見る

 

古舘佑太郎(@yutaro_furutachi)がシェアした投稿

絵里の後輩で片思いしている、30歳。

元気明るい性格。
あまりものを考えずに突っ走りがちである。

 

橋本 じゅん (役:平尾研二)

くるみの父。
くるみの母(安奈)とはくるみが小さいころに離婚。
会社経営者でありほとんど海外にいる。

自由奔放で家族を顧みない性格。
くるみには愛想をつかされている。

 

嶋田 久作 (役:マスター)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ノマーク(@no_mark1644)がシェアした投稿

バー「ちゃらんぽらん」のマスター、60歳。
拓郎や絵里が学生のころから通っていて、人生経験豊富なみんなの相談役となっている。

 

杉本 哲太 (役:木ノ下二郎)

拓郎が勤めるデザイン会社「JIRO」の社長。
お茶目な性格。
元デザイナーだがいまは経営にまわり、若手デザイナー育成に力を入れようとしている。

 

手塚 理美 (役:谷村桃子)

 

この投稿をInstagramで見る

 

手塚理美(@tezuka_satomi)がシェアした投稿

くるみの祖母。
娘の安奈を女手一つで育て、今はくるみと二人暮らし。

喫茶「アルマンド」の店主。

 

ドラマ【しょうもない僕らの恋愛論】あらすじ

41歳独身恋人なしの筒見拓郎(眞島秀和)は、デザイン事務所で20年働くデザイナー。

デザインの仕事よりも後輩の面倒を任されることが多くなり、『仕事も人生もこのままでいいのか』という不安を抱えて生きている。

そんな拓郎の元に、SNSから「友達リクエストがあります」という通知。
相手は20年前に愛した大学の同級生、谷村安奈だった。

なぜいま頃なのかと安奈からの連絡に戸惑いを隠せない拓郎。
「許可」できずにいたのだが、悩んだ末「許可」してみることに決める。

許可すると、「今度の土曜日、会えませんか?」のメッセージが届く。

 

安奈との約束の日、拓郎は待ち合わせの場所で制服姿の女子高生から声をかけられる。
谷村くるみ(中田青渚)という少女は安奈の顔と全く同じ顔で、安奈の娘だった。

優柔不断な男、まっすぐな少女、素直になれない女。
不器用な3人の人生が動き出す―。

 

2023年1月19日(木)夜11:59放送スタート

ドラマ【しょうもない僕らの恋愛論】主題歌

ドラマ「しょうもない僕らの恋愛論」の主題歌はJO1の『We Good』。

まとめ

2023年1月19日放送開始のドラマ「しょうもない僕らの恋愛論」について、キャストや登場人物相関図、あらすじ紹介をしてきました。

原作漫画の実写ドラマ化作品。

当て馬役のイメージがある矢田亜希子さんが20年以上片思いしている男性は初恋相手の娘にアプローチをされ・・・。
果たして主人公の拓郎は誰を選ぶのでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました