ドラマ「夫を社会的に抹殺する5つの方法」キャスト・登場人物相関図、あらすじ紹介!

スポンサーリンク

2023年1月スタートのドラマ「夫を社会に抹殺する方法」。

主役は馬場ふみかさん。モラハラ夫を社会的に抹殺しようとする専業主婦を演じます。
ざまぁ展開のスッキリストーリーとなるのでしょうか!?

ドラマ「夫を社会に抹殺する方法」についてキャストや登場人物、相関図、あらすじなどを紹介していきます。

原作漫画は【DMMブックス】で読むことができます!



夫を社会に抹殺する方法
キャスト 馬場ふみか、野村周平、佐藤玲、岡本夏美、永瀬莉子、持田将史、森カンナ、渡辺いっけい、宮崎美子
原作 三田たたみ「夫を社会的に抹殺する5つの方法」 <縦読み漫画作品>
脚本 上村奈帆、小坂志宝、服部紘二、倉地雄大(テレビ東京)
主題歌 伶『So Addictive』
監督 上村奈帆、進藤丈広
プロデューサー 倉地雄大 (テレビ東京)、櫻田惇平(ホリプロ)
協力プロデューサー たちばな やすひと(Nemeton)
制作協力 ホリプロ
製作著作 テレビ東京
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/otosatsu/
公式Twitter:https://mobile.twitter.com/tx_otosatsu
公式Instagram:https://www.instagram.com/tx_otosatsu/
スポンサーリンク

ドラマ「夫を社会に抹殺する方法」キャスト・登場人物相関図

夫を社会的に抹殺する5つ相関図

馬場 ふみか (役:奥田茜)

結婚1年の専業主婦。
夫がモラハラで、いつも夫の機嫌をとり言いなりになっていた。
流産をきっかけに夫を社会的に抹殺しようとする。

一見大人しそうに見えるが、芯が強く頑固。

野村 周平 (役:奥田大輔)

茜の夫。
敏腕広告マン。
実家が会社経営をしており、いつかは継ぐ予定。

妻の茜に対してイライラし、DVすることもある。
イケメンで外面がよく、仕事が出来るのでよくモテる。

 

佐藤 玲 (役:工藤凛)

茜の親友。
週刊誌のライター。

 

岡本 夏美 (役:西野早苗)

茜の会社員時代の後輩。
茜の良き相談相手。

 

永瀬 莉子 (役:ここまちゃん)

 

この投稿をInstagramで見る

 

永瀬 莉子(@rico_nagase_)がシェアした投稿

YouTube配信者。
引きこもり系YouTuber。

茜がこのチャンネルを頻繁に視聴。

 

持田 将史 (役:長澤光太郎)

大輔の実家の会社「奥田産業」で最年少取締役を務める。

 

森 カンナ (役:奥田和美)

大輔の姉。
茜の良き理解者。

 

渡辺いっけい (役:奥田雅俊)

 

この投稿をInstagramで見る

 

愛知県豊川市(@toyokawatimes)がシェアした投稿

大輔の父親。
「奥田産業」代表取締役社長。

 

宮崎 美子 (役:奥田美千子)

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮崎美子(@miyazakiyoshiko.official)がシェアした投稿

大輔の母親。
世間体を気にし、茜に厳しく接する。

ドラマ【夫を社会に抹殺する方法】あらすじ

専業主婦・奥田茜(馬場ふみか) は結婚一年目。
夫の大輔(野村周平)の暴力とモラハラにより心を壊し、夫の言いなりになっていく。

『子どもさえできれば彼は変わってくれるはず』と信じていた茜だったが、夫に裏切られ、命より大事なものを奪われる。

復讐という修羅の道を選んだ茜。

夫に生き地獄を味わわせる方法とは――。

 

2023年1月10日(火)深夜0:30~

  • テレビ東京
  • テレビせとうち
  • テレビ北海道
  • TVQ九州放送

2023年1月13日(金)深夜1:40~

  • テレビ大阪

2023年1月16日(月)深夜0:30~

  • テレビ愛知

ドラマ「夫を社会的に抹殺する5つの方法」見逃し配信

ドラマ「夫を社会的に抹殺する5つの方法」の見逃し配信は

  • テレビ東京HP
  • TVer
  • GYAO!

で広告付きで視聴できます。

1話だけYouTubeテレビ東京公式ドラマチャンネルで視聴ができます!

Paravi、DMM TV、ひかりTV、Amazon Prime Videoでも順次見放題配信

ドラマ【夫を社会に抹殺する方法】主題歌

ドラマ「夫を社会に抹殺する方法」のオープニング主題歌は伶の『So Addictive』。

まとめ

2023年1月放送開始のドラマ「夫を社会に抹殺する方法」について、キャストや登場人物相関図、あらすじ紹介をしてきました。

モラハラ夫を社会的に抹殺しようと計画する復讐劇。
ざまぁ、すっきり系のようですがサスペンスドラマということで、ハラハラドキドキも味わえるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました