ドラマ「リエゾン」キャスト・登場人物相関図、あらすじ紹介!

スポンサーリンク

2023年1月よるスタートのドラマ「リエゾンーこどものこころ診療所ー」。

主役は山崎育三郎さん。
生きづらさを抱える子どもと家族に寄り添う児童精神科医と研修医が描かれます。

ドラマ「リエゾン」についてキャストや登場人物、相関図、あらすじなどを紹介していきます。

リエゾン
キャスト 山崎育三郎、栗山千明、松本穂香、志田未来、是永瞳、戸塚純貴、風吹ジュン
原作 ヨンチャン(原作・漫画)竹村 優作(原作)『リエゾンーこどものこころ診療所-』(講談社「モーニング」連載)
脚本 吉田紀子 ほか
主題歌 コブクロ『エンベロープ』(ワーナーミュージック・ジャパン)
挿入歌 MOMO SANA MINA from TWICE『Bouquet』(ワーナーミュージック・ジャパン)
音楽 得田真裕
演出 Yuki Saito、小松隆志、竹園元(テレビ朝日)
チーフプロデューサー 五十嵐文郎(テレビ朝日)
プロデューサー 浜田壮瑛(テレビ朝日)、木曽貴美子(MMJ)、村山太郎(MMJ)
協力プロデューサー 中込卓也(テレビ朝日)
制作 テレビ朝日、MMJ
公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/liaison/
公式Twitter:https://twitter.com/liaison_ex
公式Instagram:https://www.instagram.com/liaison_ex/
スポンサーリンク

ドラマ「」キャスト・登場人物相関図

ドラマリエゾン相関図

画像引用:https://www.tv-asahi.co.jp/liaison/cast/

 

山崎 育三郎 (役:佐山卓)

郊外にある児童精神科『さやま・こどもクリニック』の院長、39才。
自身も発達障害(ASD)をもつ。

実家が大病院にも関わらず叔母が経営していた小さなクリニックを引き継いだので一族の間では変わり者扱いされている。
「患者やその家族と触れ合う時間を大切にしたい」という信念を持つ。
風変わりな体操“さやま体操”など毎朝決まったルーティーンをこなす。
趣味はチェロ。

 

栗山千明 (役:向山和樹)

さやま・こどもクリニックに勤務する臨床心理士、37才。
スクールカウンセラー(小学校で先生や生徒の相談を受ける)も勤めている。

常に冷静沈着で佐山の言動に左右されることはない。
クールだが、誰よりも優しい心の持ち主。
佐山のよき理解者でクリニックを支える。

 

松本 穂香 (役:遠野志保)

研修医、26才。
寝坊、遅刻、忘れ物が日常茶飯事。
大学病院で小児科研修中ミスを連発、重大な事故に繋がり兼ねない失敗をする。
教授から医者になることは諦めろと言われる。
自身が発達障害(ADHD)という事実知り、医者になることを諦めかけるが佐山との出会いで思いとどまる。
子どもが大好き。

 

志田未来 (役:堀凛)

元小学校の教師で現在は言語聴覚士、33才。
さやま・こどもクリニックや小学校の支援学級などさまざまな現場に出向く。
ロリータファッションをしているが見た目とは違って強気で姉御肌。
人一倍熱い志を持つ。
志保のことを妹分のように可愛がる。

 

是永 瞳 (役:市川渚)

さやま・こどもクリニックの受付担当、29才。
シングルマザーとなり、産休明けで職場復帰する。
生後4カ月の息子・賢を溺愛。

 

戸塚 純貴 (役:川島雅紀)

富士見坂訪問看護ステーションで働く看護師、32才。
さやま・こどもクリニックと連携しながら訪問看護を行う。

サーフィン好きで、年中アロハシャツを着ている。
見た目もノリも軽い。
仕事には誠実で付き合いの古い佐山が信頼を寄せている人物である。

 

風吹ジュン (役:佐山りえ)

佐山卓の叔母、享年68。
小児科・心療内科「りえ・こども診療所」を営んでいた。

志保は幼少期にこの診療所の近所に住んでいて、怪我をするたびに親に内緒で世話になっていた。

 

ドラマ「リエゾン」に登場する子どもたち<子役>

かなりの有名どころの子役の方たちが登場します。

大人以上の演技に引き込まれること間違いなしです。

 

ドラマ【リエゾン】あらすじ

舞台となるのは郊外にある児童精神科『さやま・こどもクリニック』。
院長の佐山卓(山崎育三郎)臨床心理士の向山和樹(栗山千明)とともに、発達障害など生きづらさを抱える子どもとその家族と向き合う日々を送っている。

同じころ、大学病院の小児科で研修中の研修医・遠野志保(松本穂香)は遅刻をしてしまい、教授に呼び出される。
何度目かわからない遅刻を怒られるかと思いきや、実は重大な医療ミスにつながり兼ねないミスをしていたことが判明。

教授から「医者になることを諦めろ」と告げられる志保。

子どもが好きな志保はショックでがく然とする。
気づけばある場所へ足が向いていた。

幼い頃に住んでいた郊外にある小児科・心療内科の「りえ・こども診療所」。
ケガをするたびに親に内緒で訪れていた志保は当時の院長・佐山りえ(風吹ジュン)に優しく対応してもらっていた。

しかし「りえ・こども診療所」は「さやま・こどもクリニック」になっていた。

中ではクリスマス会の真っ最中。
堀凛(志田未来)川島雅紀(戸塚純貴)らに招かれ志保も参加することになる。

その後、佐山りえが亡くなって、佐山卓が継いだことを知らされる。

自らも発達障害(ASD)を抱え、誰よりもその苦悩を理解する佐山。
患者である子ども、そしてその家族とじっくり向き合う時間を大事にしている。

また、自身が発達障害(ADHD)だと知り医者になることを諦めかけた志保だが、佐山との出会いが背中を押すことになり佐山のもとで働くことになる。

 

2023年1月20日(金)夜11:25放送スタート

ドラマ【リエゾン】主題歌

ドラマ「リエゾン」のオープニング主題歌はコブクロの『エンベロープ』。

 

挿入歌はMOMO SANA MINAが歌う『Bouquet』となっています。

まとめ

2023年1月20日(金)夜11時15分放送開始のドラマ「リエゾン」について、キャストや登場人物相関図、あらすじ紹介をしてきました。

思わず引き込まれてしまうような素敵なたたずまいの建物に落ち着いた内装など、見ているだけで癒されるようなクリニックが舞台。

原作漫画の実写化ドラマ「リエゾン」、子どもと家族の心に向き合うヒューマン医療ドラマとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました